「ニキビは皮膚科へ」は嘘?ニキビを治す正しい対策とは

スキンケア

数年前、「ニキビは皮膚科へ」というテレビCMが良く流れてました。

確かにニキビが繰り返しできたりすると、「自分で対処法を考えるより皮膚科に行った方が早い」と考えますよね。

 

でも、これは大きな間違い。

何故ならニキビは病気の症状ではなく、皮膚のシステムが誤作動を起こしているだけだからです。

病気ではないため、治療の為に病院で薬を処方してもらう必要などまったくないのです。

これについては「美容を教える化学の先生」として有名な、かずのすけさんもブログで書かれています。

 

ここではっきり言わせて頂きますが、ニキビを治す特効薬などというものはありません。

なぜならニキビというのは病症ではなく、単なる皮膚の状態の一環にすぎないからです。

ニキビは毛穴の中で皮脂線から過剰分泌された皮脂が詰まってしまい、孔内で皮膚常在菌(アクネ菌など)が繁殖することで発症する疾患です。

これは皮膚が外部の病原菌に侵された皮膚病や、外部の刺激に対して発症する皮膚炎とは発症の根源が全く違っています。

上記に示している皮膚常在菌というのは、皮膚上で皮脂を分解する為に必ず必要な善玉細菌であり、外部から伝染した悪玉細菌ではありません。

ニキビを薬などを用いて治療するべく皮膚疾患として捉えると、その対処法が正しいものと大きく反れていってしまう原因となります。

引用元:ニキビは皮膚科へ”のウソ ~正しいニキビへの対策とは

 

皮膚科のニキビ治療ってどんなもの?

軽度のニキビならビタミン剤、漢方薬、抗生物質、保湿クリームなどが処方されます。

症状がひどい場合はレーザー治療やピーリングなど、本格的な治療を勧められることもあります。

 

 

正しいニキビへの対処法とは?

ニキビを治すには、誤作動を起こしている肌のシステムを正常に戻すことが大事です。

一番の原因は皮脂の過剰分泌なので、余分な皮脂を少なくすればいいわけです。

つまり、正しい洗顔によって肌を清潔にし、必要最低限の保湿を行うことで対応できます。

ニキビが炎症を起こしている場合は、抗炎症成分の入っているスキンケアが効果的です。

 

ニキビ対策におすすめのスキンケア

ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を防ぎ、炎症をしっかり抑えてくれるスキンケアは以下の2つがおすすめ。

 

プロアクティブ

  • 3ステップ全てに有効成分を配合
  • サリチル酸が殺菌&角質除去
  • ニキビの炎症をすばやく抑える
  • 有効成分を毛穴の奥まで届けるスマートターゲット™ テクノロジー

ニキビ化粧品の定番と言ってもいいプロアクティブ。

人気の理由は、既にできてしまったニキビのケアと、新しいニキビを作らないことの両方に効果的だから。

有効成分サリチル酸が肌を清潔に保つとともに、古い角質を除去して毛穴詰まりを予防します。

初回セットについてくる電動洗顔ブラシを使えばさらに効果的!

 

ルナメアAC

  • 天然クレイとファイバースクラブが角質除去
  • しっとりorさっぱりが選べる
  • ニキビの炎症もしっかり抑える
  • 成分をしっかり届けるアクネシューター(R)

富士フイルムが開発したスキンケアシリーズ。

洗顔は驚くほど泡立ちが良く、だれでもホイップみたいな泡が作れます。

ニキビの原因に直接成分を届ける技術(アクネシューター)で、有効成分が毛穴の油分になじんで浸透!

さっぱりタイプの化粧水でもちゃんと潤ってくれるから大人のニキビ対策にピッタリ。

 

ニキビ用スキンケアの成分比較


プロアクティブ
ルナメアAC
ルナメアAC
ビークレン ニキビケア
ビーグレン
有効成分サリチル酸
グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルレチン酸ステアリル
トコフェロール酢酸エステル
グリチルリチン酸ジカリウム
皮脂・角質除去○
サリチル酸
グリコール酸
○
天然クレイ
ファイバースクラブ
△
天然クレイ
(モンモリロナイト)
殺菌○
サリチル酸
××
保湿△
ヒアルロン酸ナトリウム(2)、
6種類の植物成分
○
アクネシューター(R)
4種類の植物成分
△
ヒアルロン酸、
5種類の植物成分
炎症を抑える○
グリチルリチン酸ジカリウム
○
グリチルレチン酸ステアリル
○
グリチルリチン酸ジカリウム
詳細プロアクティブ詳細ルナメアAC詳細ビーグレン詳細

 

必要以上の洗顔・保湿は逆効果なので注意

注意したいのは洗顔も保湿も、必要以上にやりすぎると逆効果になってしまうこと。

特に洗顔はやりすぎると肌の乾燥を招き、身体が「皮脂が足りない」と判断して皮脂分泌が多くなります。

保湿も必要以上にやると毛穴に残ってしまい、ニキビの原因となるので注意しましょう。

まとめ

ニキビを治すために皮膚科に行くと、大量のビタミン剤、漢方薬、抗生物質などを処方されます。

薬をたくさんもらうので「治るかも」と思いがちですが、いずれも「その場しのぎの対処療法」で根本的な解決にはなりません。

ニキビを根本的に改善するには、ホルモンバランスを乱さない規則正しい生活と、正しいスキンケアを継続的に行うことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました